有機野菜の特徴について

有機野菜とは本来害虫の駆除などに使う農薬を使わないか、あるいは、比較的少ない農薬で野菜を栽培する方法です。

 

どうして農薬を使わないで、あるいは少ない量で育てようというのかというと、農薬のなかには人的に有害物質が多くはないけれども含まれているからです。

 

特に赤ちゃん、小さい子供がいる家庭では、小さい子供は化学物質などに敏感なケースもあって体に良くないからです。

 

有機栽培や無農薬での野菜の栽培の陰には、こうした栽培上のやむを得ない理由があります。

 

無農薬というのは農薬を一切使用しないで野菜を育てる方法です。

 

他には「低農薬栽培」というものもありますが、
これはその生産地域で一般的に使用されている農薬の5割以下に減らして、使っている場合のものをさします。

 

その他にも多数栽培の方法はあります。
無化学肥料栽培、減化学肥料栽培、減農薬無化学肥料栽培などもあります。